スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大浦天主堂(日本二十六聖殉教聖堂)

大浦天主堂

最も長崎らしい絵、それがこの教会なのです。
明治の初期にフランス人が建てたこの教会は、ハイカラの極めが長崎に在ったことを思い出させてくれます。
遠くから見た方が綺麗だったりするのですが、この天主堂の自慢は内側からのみ見ることができる日本最古のステンドグラスだったりします。
隣にはグラバー園が在るこの一帯は、長崎最大の観光地で、常に観光客で賑わっています。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。