スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福砂屋(ふくさや) 本店

福砂屋


長崎で一番の夜の繁華街「思案橋」。その入り口から少し歩いたところ、最も目立つ場所に威風堂々と店を構えてるのが福砂屋本店です。坂本竜馬が時々遊びに来ていた丸山もすぐ近くです。

長崎の銘菓といえばカステラですが、全国では文明堂が有名だと聞いてます。ところが長崎人には福砂屋の方が圧倒的に人気があります。実は文明堂を開業した人ももともとは福砂屋の職人で、福砂屋の方が元祖だからなのかもしれません。

本当の理由はよくわからないのですが、長崎人に手土産としてカステラを持って行く場合、福砂屋のカステラが一般的だと言っても過言ではないです。

一方で、文明堂と福砂屋の味の違いがわかる長崎人も少ないかもしれません。一般にカステラの底に粗目があるのが福砂屋だと聞いてますが、以前、文明堂総本店のカステラを食べた時、底に粗目が付いていた記憶があります。

どちらも味は似ているし、おいしいカステラなのですが、とにかく長崎人は福砂屋を好むのです。ぶっちゃけ、気持ちの問題だけだと思いますが^^;

それから、長崎人は時々カステラを食べますが、自分で買って食べる人は珍しく、ギフトや手土産でもらって食べるのが一般的です。


この記事へのコメント

ヒッチ : 2010/06/12 (土) 06:11:00

そういえば、親戚が長崎旅行のお土産で、文明堂でなく福砂屋のカステラを買ってきたことがありました。味の違いは分かりませんが、地元では人気なんですね。

阪田大吉 : 2010/06/12 (土) 20:29:06

ヒッチさん、文明堂も二番人気なのですが、長崎に住んでいる年数が長くなるほど福砂屋を好む傾向があるようです。地元の人でも食べた時にどちらの銘柄かを確信を持って言える人は少ないと思いますけどね^^;

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。